新型コロナウィルス感染症による影響を受けている事業者さまへ

商工会って何をしているところ?

会長写真

商工会は、地域に密着した総合経済団体で、
主に経営改善普及事業と地域総合振興事業を行っています。

商工会は、地域事業者が会員となり、ビジネスやまちづくりのために活動を行う総合経済団体です。「商工会法」に基づいて設立され、全国の市町村に1671(平成26年9月現在)の商工会があり、約85万の事業者が加入しています。全国的なネットワークと高い組織率を有し、国や都道府県の小規模企業支援施策(経営改善普及事業)の実施機関としても、様々な事業を実施しています。さらに各都道府県には商工会連合会があり、広域的に地域事業者の皆様を支援いたします。

会長 吉田宗司

  • 経営改善普及事業

    中小企業の皆様の経営のお手伝い!

    経営の全てに関する相談・支援・指導を行います。
    商工会で対応しきれないときは、弁護士や税理士等の専門家を無料で派遣する制度があります。

    たとえば、
    ◎記帳代行、◎労働保険事務代行、◎融資斡旋、
    ◎小規模事業共済や倒産防止共済等の各種保険手続、
    ◎国、県や市町補助金申請のお手伝い、◎創業支援等、…様々

  • 地域総合振興事業

    地域全体の活性化の先陣を担います!

    ◎下野市共通商品券の発行
    ◎いしばし納涼踊り花火大会
    ◎石橋まちなか賑わい祭 …様々

石橋商工会 組織体制

青年経営者・後継者が加入する青年部、事業に携わる女性が加入する女性部があります。
人脈作りとなるのはもちろん、経営力を高める研修会や事業承継セミナーを開催したり、街の環境美化運動や子供の就業体験を実施するなど、積極的にビジネス向上とまちづくりに努めています。

  • 青年部

    私たち石橋商工会青年部は、広報誌「青い樹」の発行や、お笑いグランプリの開催、献血活動などを通じて、地域振興や福祉の増進を行っています。

  • 女性部

    私たち石橋商工会女性部は、商工会の女房役として商工会主催のイベントを盛り上げています。また、独自の事業としてクリスマスケーキ作りやフラワーアレンジメント講座を行い各事業者との交流を深めています。

下野市共通商品券販売の事前申込専用サイト

イベント情報一覧ページ »

ページ上部へ